MENU

睡眠不足(熟睡しない日々)が続くと記憶力・思考力が落ちる?

あまり眠れていないと感じているのならば、睡眠の質を上げるように気を付けたほうが良いです。熟睡できない日々が続いてしまうと、いろいろな影響が出てしまいます。これは、年齢とはあまり関係がないでしょう。若くても質の良い睡眠ができていなければ、記憶力や思考力が落ちてしまう恐れがあります。

 

なぜ、熟睡できないとこのような影響が出てしまうのでしょうか。寝ている間に、私たちの脳や体をしっかりと休ませることができます。きちんと脳と体を休ませることができなければ、日中の活動に大きな影響が出てしまっても仕方がありません。昼間に強い眠気に襲われることだってあるでしょう。それくらい、日中にスムーズな活動ができなくなってしまうのです。体の疲れが取れていないだけではなく、脳も疲れたままですから、記憶力や思考力が落ちてしまうのです。

 

また、人間は寝ている間に記憶が定着します。熟睡しているときでないと記憶は定着しないというのです。だから、熟睡できていない人は、記憶がうまく定着しません。だから、記憶力が落ちてしまうのです。

 

つまり、熟睡さえできれば、これらの問題をクリアできるということです。たくさん眠ればいいということではなく、睡眠の質を改善することが重要です。睡眠時間は決して短くなかったとしても、熟睡できていないのならば、脳や体の疲れが十分には取れなくなってしまいますので、結局、記憶力や思考力が落ちてしまうのです。だから、どうすれば短時間でもいいから熟睡できるようにするかを考える必要があります。

 

眠る前に強い光をあまり見ないようにしたり、お風呂はシャワーで済ませないで湯船に浸かるなどいろいろと工夫してみてください。そして、ある程度の睡眠時間を確保しましょう。そうすれば、熟睡できるようになるでしょう。サプリメントやハーブティーの力を借りてもかまいません。しっかりと、脳と体を休ませることができるようになれば、記憶力と思考力が落ちなくて済むでしょう。

 

 

記憶力が低下してきたと感じてきた方、記憶力をアップさせたいと考えている方におすすめのサプリをご紹介しています!トップページへ戻る