MENU

DHAが記憶力を上げるのに効果的?

DHAは正式にはドコサヘキサエン酸と言い、特に青魚に豊富に含まれている脂肪です。脂肪と言っても温度の変化に左右されず固まらないと言う性質を持っています。

 

またこれは体内にも存在しています。こうしたことから体にとっても良い作用をもたらす成分として、健康食品やサプリメントなどに利用されていることも多い成分です。

 

特に記憶力や集中力と言った、脳の働きに対しての効果が大きいと言うのが特徴です。

 

では、DHAがどのように記憶力や集中力の上昇、脳の健康維持や改善に働きかけるのかと言うと、まずDHAは脳の中に入り込むことができる成分です。そしてそこで脳の神経伝達物質の量を増やし、情報伝達を上昇させる効果を発揮すると言われています。脳の神経伝達物質が増加し、また情報伝達がスムーズにいけば、それだけ記憶力や集中力と言った脳の機能も高くなり、またその機能も維持されやすくなります。

 

またDHAには、血流を促進させる作用があります。血液は全身に栄養や酸素を届ける重要な役割を担っています。そのため、その流れが滞りがちになると栄養や酸素が十分な量、届きにくくなるため、様々な支障が発生することが考えられます。これは脳に関してもあてはまることです。

 

よってDHAを摂取して血流を適度に良くすることは、脳に栄養や酸素が届きやすくなることが期待できます。
その結果、脳が活性化され、記憶力や集中力などがアップすることが期待できます。

 

また記憶力の低下と言うと認知症の発症が疑われますが、この発症の原因のひとつには、脳の神経細胞の死滅が挙げられます。しかしDHAを摂取すれば神経細胞の増加が見込めるので、認知症の発症を予防することも期待できます。

 

また今、残っている神経細胞の修復にも効果を発揮するので、記憶力の維持などにも良い影響がもたらされる可能性が高くなります。
また最近の研究では、DHAはストレスを緩和し、精神を安定させることにも効果が期待できるとされています。

 

ストレスを感じることで発生する活性酸素は脳細胞に対してもダメージを与えるため、ストレスを防ぎ脳の健康を守ると言う意味でもDHAは良い成分と言えます。

 

 

DHAが記憶力アップに効果がある仕組み

DHA(ドコサヘキサエン酸)といえば青魚に多く含まれ血液サラサラ効果というイメージが強いのではないでしょうか。

 

不飽和脂肪酸で、さんま、いわし、鯖、マグロ、ぶりなどが代表的なものですが、含まれる脂は低温でも固まらない性質を持っています。体内ではEPAから合成されます。実はDHAは悩にも大きく関係しているのです。その仕組みについて説明していきます。

 

脳の神経細胞にはDHAが多く含まれており、学習能力に影響をもつ悩皮質と、記憶をとどめておく海馬に多く含まれています。海馬にある脂質の20%以上がDHAであり、これが多いほど頭がよいとさえ言われています。他の脳の部分の2倍以上になります。吸収され血液の中に入った成分は血管の中にある悩関門、これは血液と脳の組織液との間の物質交換を制御するものですが、DHAはここを通過することができます。

 

脳内には「ニューロン」と呼ばれる神経細胞から神経細胞へと情報が伝達され、また「シナプス」と呼ばれる部分が情報を伝えるアンテナのような役割を果たしています。DHAは神経細胞を軟らかくし、シナプスを活性化をし、脳の伝達を高める役割を果たします。脳の機能が円滑になり記憶力がアップしたり、頭がすっきりした状態になるという効果が期待されます。

 

またアルツハイマー型認知症にも効果があることが立証されています。このタイプの認知症は脳の神経細胞が機能しなくなり、萎縮するためにおこるものだと言われていますが、DHAは神経細胞を修復し残った細胞の働きをサポートして症状の進行を止めまたは改善することが期待できます。加えて記しておくと糖尿病、高血圧のひとはリスクが2倍、脂質異常の人は3倍ともいわれ、2025年には認知症の人は730万人になると推計されています。

 

日ごろから意識してDHAを摂ることが必要なのでしょうが、例えばマグロの赤身に例をとると毎日360gが必要となり1か月では10キロ以上が必要となります。また調理すると簡単に流れ出してしまうので、生で食すのが理想的です。
現在はさまざまな形のサプリメントも販売されており、それを有効活用するのも一つの選択肢でしょう。

 

 

 

 

記憶力が低下してきたと感じてきた方、記憶力をアップさせたいと考えている方におすすめのサプリをご紹介しています!トップページへ戻る