MENU

記憶力を上げる色、音楽、匂い、環境

記憶力は学生においては受験や試験や資格試験など、あらゆる試験の場面で必要とされます。日本の社会において、試験を突破することが鍵となるので、記憶力を向上させないと厳しいです。音楽や環境でも大きく向上されることがわかっております。

 

記憶力を上げる音楽として、ヒーリング音楽がいいとされています。環境音楽です。複数の作業を同時にこなすマルチタスクをこなすときにも、そういった音楽が脳にいいとされ、実践されています。脳に安らぎのセンサーが届き、リラックスさせ、頭を柔軟にしてくれ、解き放たれた気持ちになることができます。モーツァルトのクラシックが特にいいとされています。リッチな感覚にもなり、生活も向上するので一石二鳥です。

 

匂いと記憶を結びつけることがあります。ある匂いをかぐと、昔の青春時代を思い出し、懐かしい気持ちになることがあります。そういう風に匂いと人間の記憶力とは密接なつながりがあります。旅行などをしたときは、特にそういうことが顕著です。北海道のラベンダー畑を散策した旅行の思い出があると、ラベンダーの香りをかいだだけで、旅行したときの思い出がフラッシュバックします。匂いと記憶力を混ぜ合わせると、より一層記憶にとどめることができるので、そこで体験したことがふつふつと思いだされることでしょう。

 

記憶力と色はまた関係性があります。赤は情熱や燃える色の代表で、エネルギーの元です。さあ、これから勉強するぞと意気込んでいるときに、赤色を使用するとやる気が溢れますし、勉強に最適です。教科書などのテキストで、ここは記憶したいという場面に赤色のペンでマークすると一層記憶にとどまりやすくなりますし、知識として定着します。ここというところに赤は役立ちます。また、蛍光色のペンは目につきやすいので、覚えたいフレーズや単語など、固有名詞などにマークすると頭に残りやすいです。蛍光ペンの黄色やピンク色がお薦めです。文具店で100円くらいで市販されていますので、気軽に買えるのでお薦めです。