MENU

成長ホルモンと記憶力の関係性

人間にとって成長ホルモンはなくてはならない重要な物質のひとつで、主に脳の視床下部から分泌され、体中の様々な部位に関与しています。成長ホルモンの働きは、一般的には子供が大人へと成長するために必要なものと認識されていますが、その他にも様々な影響を与えているのです。その作用は体の成長に働きかけることと、代謝をコントロールするためのもので、この2つが上手く作用することで様々な結果を引き出してくれます。骨の成長に必要な骨端線に働きかけることで、成長を促して身長を伸ばすとともに、筋組織の増強、その他の細胞分裂を促して体を大きくする働きがあります。また、女性であればラクトゲン受容体に働きかけることで乳房を大きくしてバストアップにも効果を発揮するのです。その他にも免疫力の向上や、勉強した際の記憶力にも関与していることから、人間を構成する様々なものに関与していることが理解できます。成長ホルモンの分泌は10代が最も盛んな時期で、20代を超えると徐々に減少していくため、それ以降は体が成長するというのが難しくなってきます。また、若いうちに勉強をするというのはこの問題に関わっていて、年齢を重ねるごとに勉強した知識が上手く記憶できないのは、ホルモンの分泌量が減少するためと言われています。勉強の効率や仕事、プライベートの記憶をしっかりと維持していこうと考えるのであれば、成長ホルモンの分泌量を少しでも増やしていくことが重要となってきます。人間の活動中でも少量の分泌は行われていますが、最も盛んに分泌されているのは夜の10時から深夜の2時までと言われています。また、覚醒中よりも睡眠中のリラックスした状態の方が分泌量が多いので、該当する時間帯にノンレム睡眠と呼ばれる深い眠りを行うことで、記憶力を向上させる成長ホルモンの分泌量を増やすことができます。脳を休ませることで、これまでの情報の整理も行われて記憶がすっきりとするので、生活習慣を整えるのも重要な要素となります。

 

 

記憶力が低下してきたと感じてきた方、記憶力をアップさせたいと考えている方におすすめのサプリをご紹介しています!トップページへ戻る