MENU

記憶力を上げる食べ物とその成分の特徴について

記憶力を上げるのに効果的な食べ物はたくさんあります。果物のベリー類はそれを多く食べている人と食べていない人を比べると認知能力に差があると言われます。ベリー類に含まれているポリフェノールの1種のフラボノイドが老化を予防する抗酸化作用を発揮するためです。一般的でいつでも手軽に手に入れることができるバナナには脳にとっての唯一のエネルギー源となるブドウ糖が豊富なのです。野菜ではほうれん草にある成分がアルツハイマー病に効果があると言われます。ルテインという抗酸化物質が脳細胞の損傷を修復し、認知機能が低下するのを防いでくれます。そして、記憶力を上げる食べ物として多くの人たちに知られている青魚があります。青魚に含まれているDHA・EPAは良質な油で脳神経にとって、とても大切な栄養素です。体内で生成できないこともあり、食事などから積極的に摂る必要があります。それは、酸化しやすいという性質をもっていることから野菜など抗酸化作用を持つ食べ物と一緒に摂ることがすすめられます。ナッツ類にはビタミンEがありますが、それは記憶力の減退や劣化に対して抑える作用があり、レシチンは記憶力を上げるための神経伝達物質になります。甘いお菓子として認識されているチョコレートですが、脳への血流を増やして活性化させる働きをもっています。材料のカカオの甘い香り成分が緊張を和らげて、中枢神経を刺激し、集中力を高めてくれるのです。自然界でカカオだけにある成分ののテオブロミンは思考力、集中力、集中力を高めてくれます。それぞれの食べ物に含まれる成分の効果には記憶力を上げることや、集中力を高める特徴があります。ブドウ糖は炭水化物に多く含まれているもので、ダイエットなどをしている時に、頭がフラフラして集中できないようになったりするのは脳にとっての唯一のエネルギーが不足して起きるのです。DHA・EPAは脳神経にとって重要な成分です。豆類に多いレシチンは物忘れを防止して、記憶力・集中力アップに効果的なものです。