MENU

集中力や記憶力をアップされる効果がある香りとは??

なかなか元気が出ない、なんとなくだるい、集中できない、記憶力が落ちてきている等ありますよね。皆様はアロマセラピーをお試しになった事はありますか。アロマセラピーと聞くとなんとなく難しそうとか思ってしまいますよね。でも、そんな事は無く誰でも気軽に簡単に出来る体や脳にプラスになる良い事なんです。かずあるアロマの中でもレモンとローズマリーの香りについてお話しをしようと思います。

 

まず、とってもなじみのあるレモン。レモンと聞いて香りが想像出来る方は多いと思います。レモンの香りがもたらす心への効能は不安や混乱を解消され気持ちをリフレッシュさせてくれる作用があります。脳をリフレッシュさせてくれるので、仕事や勉強に集中したい時などにとても効果があるんです。体への効能は、血行促進作用があり体を温めるため、女性の冷え性やむくみの改善にも有効とされています。また、殺菌作用や室内の空気の浄化作用もあるので風邪やインフルエンザの感染症予防、消化促進作用等も有るんです。

 

次にローズマリーの効能についてです。最近では認知性にも効果が有ると言われているローズマリー、精神を高揚させ、無気力や憂鬱な時やる気を出したい時、自信を出したい時にとても効果的です。また、ローズマリーが体にもたらしてくれる作用は、筋肉疲労やリュウマチ等の神経痛に効きます、そして鼻や喉の呼吸器系の不調にもとても良い効果があるんです。香りの作用って体や心に大きく作用するんです、是非お試しになってはいかがでしょうか。難しく考えずにまずは、朝と夜アロマの習慣で気持ちをリフレッシュしてみるのもいいと思います。集中力や記憶力をアップさせたい時のレシピはレモン1滴ローズマリー1滴で十分です。アロマ生活に慣れてきたら自分の好きな香りを足したりして、自分オリジナルブレンドをしてみると楽しくなってきます。朝目覚めた時の気分で香りを変えてみるのも良いでしょう。集中力や記憶力をアップしたい方レモン1滴ローズマリー1滴から始めてみて下さい。

 

 

 

脳に良い栄養素とその特徴とは

人の体は日々の食べ物から出来ています。子供の集中力や記憶力をアップさせるためにも、大人も記憶力向上しアルツハイマーなどの病気を起こさないためにも、日頃から脳に良い栄養素を取り入れるようにしましょう。

 

身体のほかの部位に良い栄養素が実は脳にも良い効果をもたらすということは多いです。人間のエネルギー源として有名な炭水化物・目にも良いブルーベリーのアントシアニン・妊娠初期に特におすすめとなる葉酸なども実は脳に良い栄養素なのです。

 

青魚に含まれるDHAが良いというのは有名ですが、記憶力向上・維持に最適なコリンという成分の入っているピーナッツや、脳の萎縮を防ぐ卵も取り入れるようにしましょう。いずれも、身近な栄養素という特徴を持つため、普段の献立にも取り入れやすいでしょう。

 

脳に良いものだけでなく悪い成分も知っておく方がよいでしょう。取りすぎると病気の原因ともなります。代表的なのはマーガリンです。マーガリンの中に含まれるトランス脂肪酸というのが悪影響を及ぼすのです。惣菜の揚げ物・ジャンクフードなども酸化した油やトランス脂肪酸がよくないのです。とはいえ、ジャンクフードのタンパク質・脂肪・炭水化物の割合は脳を刺激し、何度も食べたくなるような組み合わせとなっています。ついつい勉強をしながらテレビを見ながら食べてしまいがちですが、注意しましょう。
きちんと3食しっかり食べること、食べ物をよく噛むというのも脳の働きをアップし、記憶力を上げるために必要なことです。よく噛んで規則正しい食生活を送るというのは身体の健康のためにも必要なことです。ジャンクフードばかり食べていると太っていき、生活習慣病にかかる可能性も高まります。そんな生活の中で勉強をきちんと毎日する習慣ができるとも言えません。やはり毎日の生活こそが大切なのです。

 

加齢により脳の働きが衰えていくのは当然のことです。ただ、出来る限り長く頭も身体も健康な状態が続くためにも毎日を大切に暮らしましょう。

 

 

DHA&EPAは頭に良い効果があって勉強効率も上がる

DHA&EPAは、血液の流れを良くする成分としても知られており、ある程度年を取った人が、血流を改善するために摂取すべき成分の1つです。ですがこのDHA&EPAで全身の血液の流れを良くする事で、脳内の血流を改善する等して、頭に良い効果をもたらす事も出来ます。なので学生であれば、勉強効率を向上させ成績アップに繋げる事も可能です。

 

というのも具体的には、DHAは学習能力と運動能力を高める事が可能であり、成長期の子供にとって積極的に摂取すべき成分の1つとなっています。しかもDHAは認知症の予防が可能であるため、高齢者にとっても摂取すべき重要な成分となっているのです。一方のEPAは、血流を良くする効果があり、心筋梗塞等に対する予防効果を持っています。

 

そしてDHA&EPAという形で、同時に摂取する事で相乗効果を生み、頭の働きを高め勉強効率を大きくアップさせる事が期待可能です。だからこそ成績が上がらないと悩んでいる学生は、DHA&EPAを摂取する事で頭に良い影響を与え、成績アップに繋がるケースは少なくありません。

 

そんなDHA&EPAですが、主に青魚に豊富に含まれる成分となっているのです。そのため青魚を食べる事で、摂取する事が可能だったりします。ただし薬ではなくあくまで頭に良いという成分に過ぎないため、1度に大量に摂取したからといって、即座に効果が得られる訳ではありません。継続して摂取し続けてこそ、徐々に頭に良い影響を与え、勉強効率をアップさせるというものです。

 

とはいえ毎日青魚を食べてDHA&EPAを摂取し続けるというのは、難しかったりします。そのため、毎日の食事だけで、摂取すべき量を満たすのはかなり困難です。というのも過熱する事で、DHAは減少してしまうので、食事の際の調理法からも注意する必要があり、毎日食事で補うのはかなり面倒だったりします。だからこそ、DHA&EPAで勉強効率を上昇させたいなら、サプリメントを利用するという方法がおすすめです。サプリならばいちいち食事の準備をする必要はなく、摂取もし易いので無理なく継続し、頭に良い効果をもたらす事が出来ます。

 

 

 

 

記憶力が低下してきたと感じてきた方、記憶力をアップさせたいと考えている方におすすめのサプリをご紹介しています!トップページへ戻る